ポイントで実りのある生活を

出来るだけお得に暮らしたい30代の生活日記

楽天カードのあとからリボ登録で2000ポイント貰えるキャンペーン(2019/2/12~2019/2/20)

こんにちは、久しぶりに楽天カードのキャンペーンを覗いてたら新しいリボキャンペーンが来ていましたので紹介したいと思います

f:id:irasya:20181214083303j:plain

https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/members/campaign/entry.xhtml?camc=137205
期間2019/2/12(火)~2019/2/20(水)

キャンペーン条件は
①キャンペーン登録
②30000円以上のあとからリボ登録する
③3月27日のリボ支払い実績がある
事といつも通りのようです。

2ヶ月のリボ払い実績とする必要があるので最低でも3万+数百円をリボに変更する必要があるのですが、利用実績が全くないとセンターに届く前にキャンペーンが終わってしまう可能性があるので注意ですね。まあ利用実績のない方もダメ元の賭けで3万円投資しておいて20日に確認してもいいかもしれません。

 

リボ登録が完了した後はいつも通り
・支払い最低額を30000円に設定する
・タンスの奥にしまっておく
・2/27に30000円+リボ手数料を支払う
・3/27に数百円+リボ手数料を支払う
という感じでしょうか。還元率はリボ手数料1%を差し引くと5%くらいでしょうか、楽天カードは月に一回くらいの頻度でリボキャンペーンをやってるので見逃せないですね。

 

ゲットした期限限定楽天ポイント楽天市場で使うなり、楽天カードの提示でくら寿司マクドナルドなどの街の店舗で使うのがいいと思います。リボキャンペーンに挑戦したことのない人も、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Origami Payでケンタッキーフライドチキンが半額キャンペーン(2019/2/13〜2/19迄)

前にも言っていましたがOrigamiPay支払いでケンタッキーフライドチキンが半額になるキャンペーンが2/13から始まるようです。

f:id:irasya:20190207053612j:plain

https://promo.origami.com/kfc/201902/announcement/

例えばオリジナルチキン4ピースセットなら1290円なので645円で食べれますね。Origamiの半額キャンペーンは吉野家でも参加しましたが、よくある半額分が後日キャッシュバックされるタイプではなく、支払い時のカード引き落とし代金が半額になるタイプなので即時割引の恩恵に受けられます。超お得なキャンペーンなので長く続いたほうが良いと思いますが、2/13から2/19の1週間だけのようです、何回食べに行けるかな。

f:id:irasya:20190207053740p:plain

一つ注意点があるようでこのキャンペーン全店舗対象というわけではなく、OrigamiPayを導入した店舗のみのようで、対象の店舗がかなり限られるようです。大々的にキャンペーンするなら全店舗導入して欲しいのですがね。例えば埼玉県だと5店舗しかありません。半額だから買いに行ったのに半額にならなかったら悲しいので対象店舗はあらかじめチェックしておくようにしましょう。

久々に自作デスクトップPCを組みました(Ryzen5)

こんにちは、今回はポイントやキャンペーンとはあまり関係がないのですが、自作PCを作成したのでその内容について書こうと思います。日々ポイント活動でポイント獲得していますが、その過程でソラチカルートで目的のANAマイルに移行できない端数ポイントが発生します。そのポイントを使って出費せずに最新PCが組めそうな感じだったので、兼ねてから欲しかったデスクトップPCを作成してみました。

f:id:irasya:20190207055628j:plain

パーツ構成は以下の通りです。(値段は2019/2/1時点のものです)
AMD Ryzen 5 2400G (CPU)
-> Amazonで17753円で購入(ギフト)
②ADATA PC用メモリ PC4-21300(DDR4-2666) 8GB(4GBx2枚組)

-> NTT Xで6980円で購入(dポイントでのd払い)
③Fatal1ty B450 Gaming-ITX/ac(マザーボード)
-> ソフマップドットコムで14980円で購入(ポイント払い)
Windows 10 Home 64bit 日本語 DSP
-> NTT Xで12980円で購入(dポイントでのd払い)
SSD 760p SSDPEKKW256G8XT(256GBのM.2)

(22×80mm)フォームファクターを採用したSSD
->ソフマップドットコムで6880円で購入(ポイント払い)

※②と④で使ったNTT X Store(d払い)はこんなキャンペーンもやってるらしく後日大量のdポイントが貰えるかもしれません

ここまででポイントを使い切ってしまったのでケースと電源は買えず、既存のmicro-ATX用のケースを流用することにしました。micro-ATX用のケースなので今回のmini-ITX向けに使えない事はないのですが、筐体がかなり大きくなってしまい、不満なので余裕がでたらケースも新調したいと思います。

とりあえず組み上げ前のパーツがこちら。

f:id:irasya:20190204210733j:plain

既存のケースに組み込むとこんな感じです。(micro-ATX用のケースなので下部のPCIスロットのスペースが有効活用できてません)

f:id:irasya:20190204221239j:plain

あとはWindowsをインストールしてからドライバ群を入れれば完成です。このPCは普段使っているノートPCでは重い処理や、今までやってみたかった開発検証系の作業をやる予定なので、近々CentOSUbuntuも入れる予定です。ちなみに普段使いのノートPCはMacなのでOSに統一感がない感じになってしまっています。

陸マイラーにおける確定申告・市民税申告の考え方について

f:id:irasya:20190118090339j:image
ポイントサイトで複数のFX案件をこなしていくと、スワップポイントや建玉損益の合計がプラスになる事もあると思います。株式や投資信託を取り扱う国内証券口座の場合、源泉徴収あり口座ならば利益発生時に自動的に税金が天引きされるため、年度末の確定申告は不要ですが、FX業者の場合は自動的に天引きされることはないため、基本的に確定申告などの税金申告が必要になります。
ポイントサイトの案件をこなす程度では大規模な利益が出ることはまず無いと思いますが、たとえ利益が少額だとしても知らずに脱税してしまっては大問題なので、自分の置かれている状況を確認する上での注意点をまとめようと思います。

確定申告が必要な人

まず確定申告などの手続きが必要な人の条件を確認してみましょう。

1. 給与所得がなく所得が発生した人(自営業などで利益所得が出た人)
2. 給与所得があるが以下のパターンに当てはまる人
 2-1. 給与の年間収入額が2000万を超える人
 2-2. 給与所得以外に発生した所得(雑所得)の合計額が20万円を超える人

ほとんどの方は2-1か2-2に当てはまると思います。

確定申告が必要なくても市民税申告は必要です

よく雑所得が20万円以下ならば確定申告は不要で何も気にする必要は無い、と説明される方が居ますが、それは間違いで、確定申告は不要(所得税の追加納税は不要)だけど市民税申告は必要(市民税の追加納税が必要)になります。なので雑所得が20万以下でも市役所(税務署ではない)に行って市民税申告が必要になることを念頭に置いておきましょう。また確定申告する人は税務署経由で市民税申告もされるため両方やる必要はありません。そのため雑所得が20万以下の場合のみ市民税申告が必要という事になります。

課税対象となる雑所得の額の算出方法の仕方

ここまで各人が確定申告が必要か?市民税申告が必要か?というロジックについて説明しました。では具体的な注意すべき雑所得に計算方法について考えてみます。

所得発生の各場面で発生した所得の合計(マイナス分も含む)ー発生した経費(業務に必要であると認められる物に限る)

大体こんな感じになります。注意すべきなのは各項目で挙げる額を証明するための書類を用意しておく事です。例えば経費の証明には領収書等を用意する必要があります。また各FX業者は対象年年末から翌年1月中旬くらいまでに「年間報告書」という報告書PDFを落とせるようなサービスを提供しています。ここには利益損益が記載されているため、税務署などに申告する所得額証明に利用できます。なので各社の年間報告書を必要に応じて印刷して申告時に使うようにしましょう。

自分の場合はどうだったか

私の場合が課税対象(確定申告が必要?市民税申告が必要?)となるか確認してみました。具体的な額と業者名は伏せますがだいたい以下のような結果になりました。

FX業者A +xxxx
FX業者B -xxxx
FX業者C +xxxx
発生した経費 0
合計 -xxxx

というわけで、2018年に給与所得以外で発生した雑所得はマイナスになりました。なので市民税申告も含め追加の申告は必要なさそうです。

イオンカードの「ありが10デー」とプリペイドカード利用で4%超えの高還元率カードを目指す

こんにちは。2019年になり消費税10%も目前になりました。増税を前に、私も普段の買い物でできるだけお得に買い物したいと思い、毎月カード優待のクーポンを発行してくれるイオン系列でお買い物するようにしています。もちろんイオン系列ではイオンカードの利用がお得なのですが、ところがこのイオンカード通常利用だと200円毎に1ポイントと0.5%とあまりポイント還元率が良くなく、どのように利用したらお得に使えるようになるか少し考えてみました。その答えとして"ありが10デー"の施策とプリペイドカードの利用で3.0%〜4.5%程度の高還元率カードが出来そうだと気付いたので、その仕組みについて紹介したいとお思います。

 

イオンカード(ありが10デー)

f:id:irasya:20190108213536j:plain
https://www.aeonretail.jp/campaign/ariga10/

このキャンペーンの詳細に以下の文が書かれています

イオンカードをイオングループ対象店舗以外の加盟店やVISA、JCB、MasterCardの加盟店でご利用いただくと、200円(税込)で1ときめきポイントのところ、ありが10デーの対象店舗では、毎月10日は、200円(税込)で5ときめきポイントプレゼントとなります。

 

クレジットカード利用で付くときめきポイントも5倍になるそうです。普段0.5%の還元率なので2.5%の還元率にアップします。

10日の1日しか高還元率にならないのかー、と普通の人ならそこまでお得には思えないかもしれません。しかしこのありが10デー、イオングループ以外の加盟店でもと記載があるので、プリペイドカードにチャージする利用法でも5倍になります。

つまり10日に来月までの1か月間にプリペイドカードで利用する額を一度にチャージする事で、常時2.5%の還元率の恩恵に与る事が出来ます。またプリペイドカード利用での還元率も上乗せされるので、更に高い還元率にする事が可能です。例えばVISAやMasterのイオンカードとkyashカードの利用で2.5%(イオンカードのありが10利用)+2.0%(kyashキャッシュバック)=4.5%とすることが出来ます。以前紹介した三井住友VISA+kyashの3.5%よりも高いキャッシュバック率になります。

liquor-chan.hatenablog.com

あと細かなメリットになりますが、イオンカードの通常利用で付くポイントは、月額利用に対してのポイント換算ではなく、会計利用都度のポイント換算となるため、プリペイドカードに纏まった金額をチャージする事で、月額換算と利用都度の不利を緩和させることができます。

如何でしょうか。今までイオンカードの還元率があまりお得ではないと考えていた人も、イオンカードを見直すきっかけになったのでは無いでしょうか。

 

高還元率を生み出すために必要なkyashカードの作成は、下記の"すぐたま"からkyash作成する事で250円分のポイントを獲得できます。2019年1月時点でkyash案件があるのは何故か"すぐたま"だけです。ポイントサイトから作成したい方は以下のリンクをご利用ください。

9月末まで!仮想通貨ビットマイル無料配布中!

イオンカード(クレジット)の作成も、ポイントサイトから作る事で2000円分ほどのポイントを稼ぐことができます。普通に作るよりも明らかにお得に作れますのでポイントサイト経由で作るべきです。おすすめのポイントサイトは以下のモッピーやちょびリッチですので、まだ作成されていない方は以下のリンクよりイオンカードを作成しましょう。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

それにしてもkyashといいANA JCBプリペイドといい、プリペイドカード経由の利用は応用が効きますね。他に高還元率化できそうな案件を見つけたらまた記事にしたいと思います。

Origami Payで吉野家の牛丼並が半額190円(2018/12/31迄)

こんにちは、2018年末もいよいよ終わりですね。各社QR決済サービスが競い合ってる中ですが、そのサービスのひとつ「OrigamiPay」で吉野家の牛丼が半額で食べれるキャンペーンを実施しています。

f:id:irasya:20181226063651j:plain

https://promo.origami.com/yoshinoya/201812/

普段380円の牛丼並盛りが190円offになって半額で食べれます。300円以上で190円割引になるサービスなので豚丼並盛りなら160円(350円-190円)で食べられます。私も2回ほど利用しましたが、来店される方の半数くらいの方がOrigamiを利用している感じです。

吉野家半額キャンペーンは年内の12/31迄なのですが、来年以降も様々な店舗で同じような割引キャンペーンを計画しているようです。

f:id:irasya:20181226063713p:plain

第二弾のDEAN&DELUCAは元々の価格が高いしどうなんでしょう。身近な人への贈答などに使うのがいいのかもしれません。第三弾のKFCは吉野家に近い感じのファーストフード店だし、ちょくちょく食べたくなるので開催に期待してます。吉野家と同じように50%offとかになればいいのですが。

OrigamiPayは登録したクレジットカードから引き落とすタイプの決済システムなのでOrigamiアプリ内でのチャージなどは一切ありませんし、半端な残高も発生しません。そしてkyashリアルカードも登録可能です。私もkyashを登録して間接的に2%のキャッシュバックを利用できるようにしています。

普段、吉野家を利用している人はもちろん、利用していない人も半額のこの機会に久々に吉野家を利用してみては如何でしょうか

(Androidスマホユーザ限定)超簡単!LINE PayをGooglePay(QUICPay)に登録で1000ポイントゲット(12/31まで)

 f:id:irasya:20181220061125p:plain

Android™ユーザー限定!ついに“スマホをかざすだけ”のLINE Payがスタート!

【期間】2018年11月21日(水) ~ 2018年12月31日(月)

 

こんにちは、先月からやっていたキャンペーンで1ヶ月遅れで気付いたのですが、LINE PayをGooglePay(QUICPay)と連携させるだけで1000ポイント(1000円分)貰えるキャンペーンをやっています。LINEを使っているAndroidスマホがあれば、登録作業1分で1000円分のポイントが貰えるのでキャンペーン期間中忘れずに登録しておきましょう。

 

QUICPay登録の流れとしては、

1. LINE Payのアカウント作成

 (作成済みなら省略)

2. LINE Payのバーチャルカード(JCB)を作成

 (バーチャルカードかリアルカード作成済みなら省略)

3. Google Payに登録

4. QUICPayを有効化する

 

やってることは複雑ですが、公式HPの操作ガイダンスにあるようにLINEのウォレット→LINE Pay→”QUICPayのアイコン起動、迄やってしまえば後は完全一本道の流れ作業なので誰でも迷わないと思います。

f:id:irasya:20181220062711p:plain

 

QUICPay登録が完了すれば即時1000ポイントが付与されると思います。付与されたLINEポイントはLINE Payに変換して1000円分のQUICPayなどで利用するのも良し、Amazonなどを利用する人は1000ポイントをLINE Payに変換後、バーチャルカードを利用して1000円分のAmazonギフト券を買うのも良し、色々なことに使えると思います。

 

最近、PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンなど、キャッシュレス決済の主導権をとろうと頑張ってますね。キャッシュレス決済の主導権争いが熾烈化している今だからこそ、普段では考えられないようなお得なキャンペーンが乱立しています。LINE Pay/PayPay/OrigamiPay/d払い、など各種キャッシュレス決済サービスのキャンペーン動向はこれから数ヶ月間は是非チェックしておいた方が良いと思います。